価値ある切手を少しでも多く集めるには

古い切手の価値を知ろう

切手を収集している人は多くいますが、そもそも切手にはどうして価値がある物とない物があるのでしょうか。切手の中でも、安い価格で買取ってくれない物もあれば、高価な買取りが期待出来る物もあります。古い切手の中で人気があるのは「月に雁」という切手と「見返り美人」という切手です。1枚数千円の価値がありますので、それを大量に持っていれば数万円から数十万円になります。それらの切手は現在では手に入りにくいので、希少価値が付いているということなのです。古銭などと似ていますが、切手はお金よりも発行する期間が短いため、時間の経過とともに、価値が出るわけです。
また、切手には絵画としての魅力があります。小さな絵画と言われていますので、その美しさも切手の魅力なのです。

昭和30年よりも前の切手

価値がある切手には2種類あります。一つが時代が古い物で、もう一つはそれほど古くはないけども限定品の切手です。古い時代の切手についてですが、昭和30年よりも前に作られた切手は人気があります。なぜかと言えば、切手の収集が盛んになったのが昭和30年以降だからです。つまり、収集家が増え始めるとその時代の切手は収集するために購入しているので、多くの人が使わずに持っています。ところが、それ以前の切手はそもそも収集している人が少なく、絶対数が少ないため希少価値があるのです。
限定品については、すべての限定品切手に価値があるわけではありませんが、有名アニメの切手が話題になり、かなり価値が高く取引きされている例もあります。